高く売れるオメガのシリーズについて

オメガは時計に詳しくない人でも一度は聞いたことのある、世界的に有名な老舗時計ブランドです。

1848年の創業以来、時計作りの最先端を歩み続けてきました。
160年以上続いた歴史の中で、妥協することなく時代に合った時計作りを行ってきました。

オリンピック等で公式時計に使用されることも多く、大変人気が高い時計を作っています。

現在はスウォッチ・グループに属していて、ムーブメントの自社開発に力を入れています。
歯車1つとってもエッジの処理が丁寧に施され、手が込んでいることが特徴です。

時計の値段は10万円台~100万台のものと、高級時計ブランドの中では比較的安価な部類に属します。

オメガのシリーズで特に高く売れるものは、シーマスターシリーズです。
シーマスターとは、防水時計の「マリーン」が進化した時計であり、1948年に発売されました。
基本のモデルはヘリウムエスケープバルブを搭載したもので、ヘリウム飽和の潜水時において材質の破損を防ぐことができます。
材質、品質、外見、全てにおいて妥協がなく、オメガファンからも大変評判が高いものとなっています。

限定モデルでは、”アメリカズカップモデル”や”ジャック・マイヨールモデル”などが有名です。

最近では、”プラネットオーシャン”など簡易メンテナンスで潜水ができるモデルも発売されています。
どれもデザイン性が高く、中古市場でも大変人気が高いシリーズとなっています。